広告
P-N-tive 歩.語.想 人間風車(2003)DVD
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人間風車(2003)DVD
人間風車(2003)

売れない作家がはじめてつかんだチャンス。
しかし、そこには卑劣な罠が待ち受けていた。
どん底までたたき落とされた作家の身に起こる戦慄の出来事とは?
おかしな爆笑童話の世界は、突如として想像を絶する恐怖のファンタジーへと変貌する!!

<出演>
永作博美 入江雅人 河原雅彦 
橋本さとし 山内圭哉 中山祐一朗 三鴨絵里子 宮吉康夫 岩橋道子 高木珠里 岩崎大(東京公演) 川原田樹(大阪公演) 宇梶剛士 山西惇


人間風車 2003年版 [DVD]人間風車 2003年版 [DVD]
(2007/10/17)
演劇永作博美

商品詳細を見る



自分が思ったことをつらつら
書くだけだから内容にもバンバンに触れるので閉じます


まだドキドキしすぎて2回目を観ることができてないから、完全なるファーストインパクト。


前半は売れない絵本作家の話を交えて
現実の話や絵本作家の作った話の世界をいったりきたりして、特に盛り上がる場面は見られなかった気がする

ただ周りの保護者に批判されながらも、公園に集まる子供たちに毎週お話をする、優しくてちょっとにぶい絵本作家。という感じだった。
まだほのぼのしてた。



そこにお話の登場人物になりきる不思議な青年が現れるまでは。


売れない絵本作家が初めて素晴らしいお話を作ったのにも関わらず、同じ絵本作家の友人に話を盗まれ、自分が盗作したと批判されて、絵本を出版することも不可能になる。
その上TVの仕事をする友人には馬鹿にされ。
想いをよせる女性には突然二度と関わるなと言われ。
裏切りによって人生もなにもかも一瞬にしてめちゃくちゃになった絵本作家。


自分を見失った絵本作家は、登場人物になりきる青年を前に、裏切り者を容赦なく殺す、ビルとゆう殺人鬼の話をしてしまう。

そして彼は話通り、凶悪な殺人鬼ビルとなり、恐ろしい殺人を繰り返す。



後半の盛り上がりがほんまにすごかった
こんなに激しい内容だとは思ってなかった
「やめて!」「逃げて!」
って何回思ったことか。


観とる間に
「これは誰が悪い?」
って考えてしまった

売れない絵本作家か?
登場人物になりきる青年か?
裏切った人たちか?


それはたどり着かない答えでした。
誰もこうなるとは予想してなかったから。





こわい、背筋の凍るお話。
でも、ビルの話以外はたくさんのことを考えさせられるいいお話だった。
ひとつの脚本のなかに更に何個もお話をいれるって、すごい。

後藤ひろひとさんの話はひーはーのようなコメディとダブリンのような異国のミステリアスな悲しいお話しか観たことなかったから、こんなに感情が入る悪夢の話を書くなんて知らなかった。

あぁなんてまとまらない文章。

―――――――


内容関係なく書くと、

山内さん、絵本作家をけなす、ちょっとちゃらめの悪者役似合う。
やっぱり演技の幅が広いんだなー!
かっこいいと思ってしまう感情から何度か「うわっは!ヒロユキ!」って悶えました。門構えに心。


中山さん。
セーターに半ズボンの少年役。セリフの言い回しとか雰囲気で少年ぽさが溢れてた。
中山さんのかすれた声がすげーすきだ。
あと、メニューのキャスト紹介の中山さんがかわいらしくてすきです。
阿佐ヶ谷スパイダースの時はどんな演技をするんじゃろう。
阿佐ヶ谷スパイダースのロゴマークかっこいいよな、だれがデザインしたんじゃろ。

話がずれた。



よし。以上。

【2009/03/15 15:03】 感想レポ(DVD.TVなど) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<にっぽなんとかからの影響 | ホーム | ジャージマン>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/162-48c5c85d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。