広告
P-N-tive 歩.語.想 DVD 天才脚本家 感想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DVD 天才脚本家 感想
「天才脚本家」

作:後藤ひろひと
演:G2

CAST:三上市朗 腹筋善之介 久保田浩 山内圭哉 神野美紀
  コング桑野 野田晋市 高倉良文 河居綾子 川下大洋 関秀人  後藤ひろひと

天才脚本家



短い感想。


日本の報道の裏側を描いたような思ったより現実的な話。
実際にあってもおかしくない。というかあると思う。
あるはず。そんな国だろう、この日本は。

ファンタジーでもホラーでもなくて、リアルなかんじ。
この種類のお話(舞台)は初めてみたけど、結構すきだ!



キーになる人たちが、推理したり、作戦たてたり、相手の裏をついたり、相手に裏をつかれたり、
それぞれの役者がかっこいいシーンばっかりだった!



ただ大洋さんは、Piper記念公演みたいに勘違いを重ねる重ねる(笑
なんなんだろう、ちょっといらいらするけど、それがおもしろいからいい。
もう私の中では大洋さんが頼りがいのあるしっかりした役回りをするとこを想像できない(笑



山内さんは、あんな役初めてみたけえ新鮮だった。
いるいる、あんな冷たい笑顔を持つ悪役。
どんな仕事でも自分が楽しみながらこなす。裏切りも簡単。

「そうなんすよ!」とか、「死んでもらわないといけないっすね!」
とか、なんでも楽しそうに言う。
笑顔で相手を追いつめるインパクトのある役。
似合う。やっぱ役者だ(当たり前)



後藤さんはまた大事な役ででてきたな~w
後藤さんのように話の中ではちょい役な人が言うちょっとしたせりふが好き。
なんか深い意味があることが多くて、不思議。


腹筋さんと久保田さんのやりとり。
ながい!笑 なんだあれ!笑
腹筋VS久保田みたいな、完全に2人の世界だったw
擬音とマイムのやりとり笑
おもろかった~
久保田さんは「痛くなるまで目に入れろ」にも出とったことに気づいた。
この方すきだ。やんちゃな演技がすきだ(笑



イヌガマはリアルでこわい!笑
あれは笑えたw


こんどもういっかい観よう。新たな発見があるかもしれない。

【2009/03/22 15:38】 感想レポ(DVD.TVなど) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<くれば | ホーム | 大阪のデザインイベント感想>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/180-254a761a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。