広告
P-N-tive 歩.語.想 DVD 痛くなるまで目に入れろ 感想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DVD 痛くなるまで目に入れろ 感想


G2プロデュースのHPで買った3本「人間風車」「天才脚本家」「痛くなるまで目に入れろ」
の感想さいご。




山内祭りだ!中山祭りだ!(自分的には)



以下完全にネタばれな感想です。


オープニング。
クボッティこと久保田さんの疑問系の語り。これがわくわくさせてくれる。付き人役の丁寧で落ち着きのある語り方が上手いっ。

けど3択問題で完全な「それ言っていいの?」というこの舞台の最後の答えのようなことを言う。これがね~またね~いいんだなー。
「え、犯人言っちゃったよ」みたいな、どうなんの?ていうわくわくも追加される。


この語りでは観客に話かける場面も。
私が大好きなPiper記念公演シリーズ最初のSPOOKY HOUSEの大王を思い出してしまった。



そして話は始まり、いきなり久ヶ沢兄貴の天然で掴みどころのない役や、威厳を放つけどちょっと優しいヤクザのボスや、人殺しが好きなヤクザなど…最初からそれぞれのキャラクターが見え隠れしてた。


それからは時間や場面が急に飛んだりして、最初はよくわからんくなってたけど中盤から話が解けてくると 場面ごとの状況が読めてくる。

どんどん話がつながっていくのが楽しかった。



あと山内さんと中山さんの掛け合いが楽しい!
かなりのへたれ残念青年はじめ役の中山さんの声がすごく好きだー!

「顔ですか?貸せません。貸したとしても返してくれるんですか」とかヘロヘロの投げやりな言い方がとてもとても似合っていい!(似合うて失礼かw)


主役の山内さんに関してはもう、山内祭りでした。
ヤクザになるし高校生になるしレディースになるし歌歌うしカツラかぶるし!

「確かにこんな高校生いてませんけどもー!」w

あと、すごく色っぽかった。普通ーに、普通ーにどきどきした笑

あれはPiperのヒロユキとは全く別人だ!(当たり前ですが)
演技の幅の広さがよくよく分かりました。




最後の最後、爆笑もあるけど、もう人があっさり死ぬ死ぬ。終わりの状況にはスッキリせんかったけど、終わりの父親の台詞にはスッキリした。

「大丈夫、大丈夫だ。俺がなんとかしてやる。」




んで、題名の「痛くなるまで目に入れろ」の意味、終わってやっとわかった。


「目に入れても痛くない」を、この父親に合わせた言葉にしたのか。

この父親は最強だった。
父親に守られつつ完全に人生を振り回される息子。
普通の関係性なのにこの2人にはそんな生易しい言葉じゃ表現できないんだなぁと。



今までみたDVDの中で一番題名に納得しました。

G2さん脚本の舞台は初めてだったけどなかなかおもしろかったー!
【2009/04/14 11:39】 感想レポ(DVD.TVなど) | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<たまには悪口祭り(完全私事) | ホーム | KKW message>>
comments
--買いまくりですね・・・。--
『止まれない12人』も面白いですよ。
再演の方をDVDで見たんですけど
大王&G2は外れなしです!
【2009/04/14 22:30】 URL | おかん80 #-[ 編集] |
--→おかん80さん--
まだお金のある2ヶ月前くらいに買いました…(笑

「○○な12人」ってもうひとつ種類ありますよね?気になってるのでいつか見てみたいです。

ほんとわくわくする舞台ばっかりです~
ダブリンとガマ王子見たおかげで大王ははずれなし!ってわかったので、G2作品をもっと見てみたいと思います^^
【2009/04/15 08:19】 URL | Mcca #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/220-59e1be70
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。