広告
P-N-tive 歩.語.想 TOWER 簡単だが長いネタバレレポ1(大阪編)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
TOWER 簡単だが長いネタバレレポ1(大阪編)
ついに繋がったネット。結構はやめに繋がった!
よかったー。長かった...。



というわけでやっと、細かいコント内容は書かないねたばれです。
アドリブだけ抜粋したと思っていただければこれ幸い。



私と別日に参戦した学校のお友達のお話も含め、
大阪2公演、神戸2公演、広島2公演分のなんとな~くな内容を書きます。



ただ、申し訳ないくらい長くなってしまった。



公演中にメモったりしたわけではない(そんなことするわけがない)ので
読んでくださる方がいたら、これは、雰囲気でお察しください。




以下閉じ部分ねたばれネタバレねたばれレポ!(ほんとに長い。)

注意!
読まれる方がいらっしゃればこの点に注意してください!


☆文の最初の数字はコントの順番。
1=箱展開(指示に従って形をつくるコント1)
2=パーティー(パーティーの準備をしている2人のお話。あやとりのやつ)
3=語感より(語感と...簡単に言うとクリムゾンメサイア。)
4=ハイウエスト(ハイウエスト。よしっちょ)
5=タワーマニア(つるちゃんのやつ)
6=五重塔(かめひこ、ケンイチ、ガブリエル)
7=箱展開(指示に従って形をつくるコント2)


☆見ていくたびに変わっていったコントが存在し、最初に観た大阪初日と最後に見た広島では結構違っていました。
私が見た回で初めて変更されたわけではないと思いますが、私が見たのはその時点が初めてなので、
私の視点基準で「変わってた!」と書いています。ご了承ください。


=仁さん =賢太郎さん (愚問~)


☆誤字脱字、不自然な日本語、急な箇条書きは、見なかったふりか、こっそり教えてくださればありがたいです。





【4/20大阪初日】

-1-

それぞれ"箱"の上に立つ2人。
どうやら地面には降りられないらしく、周りをゆっくり見渡す左の男(仁さん)と微動だにしない右の男(賢太郎さん)

なんだかめんどくさくしつこい右の男(賢太郎さん)の頭を左の男(仁さん)がはたく。
おかげで髪はぐちゃっと。
右の男は左の男を睨みつけながらピストルを取る雰囲気を出しつつ左胸ポケットのくしをとる。

降りられないはずの床に普通に降りた賢太郎さんに「えー!!」という仁さん

「1(いち)」とどこからか声が聞こえてきて、以下指示とおりになるように箱を重ねてゆく。



暗転


うすぐらい暗転の中、礼をしていました。

ここの曲が、ピアノの和音からだんだん、
メカちっくというかテクノちっくというか、不思議な音楽になっていってすごく好き。




-2-

何かを積んでいる賢太郎さん(舞台左手前)と台に座ってあやとりをしている仁さん(舞台右奥)

賢太郎さんが作っているのはシャンパンタワーのよう。
しかも最高に高いシャンパンタワー。


ちゃんと会場に運べるまでに(結局割れてちゃんと運べないが)
賢「おっとっと…とっとーああー!!」

仁「ああ!」

と、シャンパンタワーが倒れそうになって仁さんが手を添えて助けたり

賢「あぁ…1個ーっ」

と一番上のグラスを取ってポケットに入れたり。




シャンパンタワーの準備が一通り終わった後
賢「くす玉を割るまでまだ時間があるなあ」

仁「…とって!(あやとりを)」

と仁さんが賢太郎さんと2人あやとりをする。

2人あやとりを言葉だけで相手に教えないといけない仁さんのもどかしい感じ。
仁「そうだよな~そうなっちゃうよな~」
仁「その動きはもうあやとり上ありえない!」←すき




仁「ああもうだめだあ!!」

って仁さんが投げたあと

賢「あやとりって面白いな」

仁「…(呆れため息)」

賢「俺も出来るよ」

仁「!?(ぇえ!)」
  
賢「ひとりでやるやつな。
  チャーシュー。」

(↑あやとりの基本の形…小指と親指で取って、中指で向かい合う糸をとった形!)
(伝えにくい。)(それを顔にべちゃーっと)

賢「骨折」(腕をつっているのを再現してるはずなのに足をひこずる)

仁「!?(腕じゃないの?)」

賢「すいませんこのマスク、ガーゼ付いてなかったんですけど」

賢「目の中の汚れっ」

仁「そんなのあやとりじゃないよ!!」




で、ロールケーキが焼ける。
クリームを塗るがなかなか運べず。
仁「切るか」

賢「いいの?」

仁「気持ちだから」

2人で刀を抜く動き
抜いたとこで

仁「あ、いいこと思いついた。糸をさぐるぐるぐる~ってまいて、すぱぱぱぱぱーんって抜いたら、一気に切れるんじゃない?」

賢「…お前頭いいなー!」


んでバネみたくなり、ロールケーキロールが完成。

賢「堂島ロール」(ぼそっと)(ご当地ねた)

仁「じゃあ俺運んでくる。」

賢「あとは…シュークリームか。
焼けたらすぐクリーム入れないとすぐしぼんじゃうから。
なんてったって最高にでかいシュークリームだからな!」


仁「うん!じゃあ俺これ(ロールケーキ)運んでくるわ」

奥から

仁「くす玉割るの手伝ってー!」

(シュー生地の入ってるオーブン(舞台左)を指さして必死に)
 賢「あぁー…!ん~なるなよーなるなよ!一瞬!一瞬!」


2人がくす玉の紐を持って出てくる
仁「切れねえ!」


賢「しっかりつくりすぎた!」


チンッ(シュー生地が焼けた)

2人「「ああー!!!」」

仁「お前だしてきて!」


賢「でもくす玉が!」


仁「いいから!」


賢「よしっ…あぁもうしぼんでる」


仁「あぁ紐だけとれた」


賢「結局全部失敗だなあ…」


仁「あぁあー(涙…もう布団で寝たい…」


賢「布団?布団っ?」


シュー生地をオーブンから布団のように出して2人で寄り添って横になり生地をかける

2人「…シュー生地あったけ~…」



暗転


動きを合わせて立ち上がり、はける

今後このネタはめちゃくちゃ変更されて衝撃をうける。




-3-

「マシュマロとせんべい」
のところでセリフ先走っちゃう賢太郎さん
賢「しゅ…」


仁「?」


賢「…笑
なんで"しゅ"って言ったかはあとでわかるからw」




賢「シュークリーム。」


観客拍手w

賢「語感は大事だよw
シュークリームとさーたあんだぎー」


以下続く。




仁さん脳内ファンタジー
エコーのかかる声

賢「こいつ絶対倒せないよ
首転がってるもん」



エコーセバルコス
仁「その声は、マスターセバルコス!?」


賢「おのさんだろ?」
←すき



暗転

暗転後カマンチョメンガーにまたがる賢太郎氏。




-4-
まあ、ハイウエスト。(説明しにくい)



-5-

同じ趣味を持つ友達でルームシェア。
自分を置いて女と男がキャッキャするというあれ、のキャンプに行くツルちゃん(仁さん)にヤキモチを焼く賢太郎氏。

入れ替わりがほんと違和感なくてすごかったー!

自意識過剰でスタバにひとりで入れない。(ちょっとなんかわかる)



賢「赤いランプの下で、待ってるからあ!!!」

↑可愛いすぎる。36なのに。36なのに!


暗転


2つのカップを持ってスキップで退場する賢太郎氏。




-6-

五重塔の仁さん。
京都タワーに恋する。

そんな五重塔に塔という塔を登る男が現れる(正体不明、いやかめひこか、ケンイチか、ガブリエル)

テンポの早いやんちゃコント!



-7-

暗転中五重塔の着替えが大変でなかなか出てこれない仁さんを待つ間、あやとりで東京タワーを作る賢太郎さん。


最初の2人が"箱"に座ってあやとりをしている。

ほのぼのあやとりしてたら急に再び天の声から指示が始まる。
『エッフェル塔』


1回目ではできなかった『カマンチョメンガー』と『セバルコス』もクリアしてたくさんこなし、
『ランランランラン』でピアノを弾く。が、仁さんが弾いても音は全く出ない。
賢太郎さんはどこでも鳴る。
ほんと、どこでも鳴る。


青弦さんの音楽とのコラボ!
こういうことか。
綺麗かったー!



-カテコ-

仁さんのサイン入りの本の宣伝。

賢「3階バルコニー席と一番前の席の値段が同じっていうね
 すみません(笑
 本日はありがとうございました!」



ブリーゼだから見切れ上等なバルコニー席があるのだ。
ちなみに私は2階右側に座った。

うん、見切れすごい。

五重塔のネタで
切手を貼る地味な作業をする賢太郎さんや
タワークライマーケンイチな賢太郎さんや
空手家に帰ってもらう賢太郎さん(ほぼ賢太郎さん)は
余裕で見切れてた。


4/20分は以上。






【4/22大阪千秋楽】

-1-

『2』の指示で「+」マーク作ってたら立ち位置に行く途中に倒れてしまって賢太郎さん過剰なびっくりリアクション。

作り直しは慎重に。



-2-

あやとりの1往復後
2個目を説明する時(鷹のやつ)
たぶん正しいのは

仁「ばつ!」


賢「…(腕でばつを作る)」


仁「あぁ違う違う」


賢「…?(腕でまるを作る)」


仁「違う違う違う」



だけど、


仁「ばつ!」


賢「…(腕でばつを作る)」


仁「違う違うばつ!まる!っあ!ちがうっ…笑」


賢太郎さんが動きでやるだけの"まる"を賢太郎さんがやる前に口で言っちゃった。




2個目のあやとり
大阪初日の段階では
仁「右手を上手、左手を下手としたとき、」


って言ってて、それを言ってたら
突然賢太郎さんが仁さんに耳打ち。
そしたら仁さん、

仁「右手の人差し指を点A、親指を点B、」


頭ぐちゃぐちゃ~(自分で言わせたくせに)

ちょっとにやけてる賢太郎さんw





賢「(あやとりなら)俺も出来るよ」

仁「ぇえ!?」


流れはこれ
チャーシュー→骨折→マスク→犬の散歩!(やんちゃ顔の賢太郎さん)→目に浮かぶゴミ

-5- 
赤いランプの下で待つように指示され動揺する二軍つるちゃん
仁「ランプ赤いっ!」

どさくさに紛れて聞こえた




-カテコ-


賢「これにて本日の演目はすべて終了いたしました笑」


仁(ニコニコ)


賢「3階席も遠いのにごめんね~」


(手をふる)

賢「その後ろのほう(2階席)もありがとう~」


客席ほぼみんながふる


賢「うわみんな振った笑」


仁「笑」


賢「じゃあ一階席も~」

(一階席にむかってもぶわ~って感じで満面の笑みで)

賢「わああ~」

みんなが振るのでひいたようなポーズ←かわいい(36なのに)



賢「えー……ん?今日大阪千秋楽!?」


仁「うんそうですよー」


賢「あぁ!っいやだーもっとやりーたーいー」
くねくね

仁「笑」


賢「大阪が終わり、…僕らは三都公演と呼んでますが笑
京都、神戸と周り、全国まわっていきます。またどこかでお会いしましょう」



2人(礼)

賢「…なんかこう流暢にすぐ話せる自分が嫌だね笑
コント以外はできませんみたいなほうが、こう、カリスマ、みたいな感じ出るじゃん?」



仁「…必ずしもそうとは限らないんじゃない?笑」


賢「ははは笑」



2/22分は以上。

次記事に続きます。


2はここ(神戸)、3はここ(広島)へ。

【2009/05/15 16:00】 感想レポ(行ったの) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<TOWER 簡単だが長いネタバレレポ2(神戸編) | ホーム | 広島公演後KKW更新>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/260-7b8c28bb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。