広告
P-N-tive 歩.語.想 7/20 バナナマンのバナナムーンレポ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7/20 バナナマンのバナナムーンレポ
オープニングレポ!
どんどん放送日とずれが生じる!

もうすぐ8月か....はやいなあ今年も。
wonder moonいきたかったなあ...



=設楽さん =日村さん



し「はい!ぇす!あい!げ、月曜じゃ、んく ぜろ!!」 
また変なオープニングw
ひ「バナナマンのバナナムーン!!!」

し「あい!どうもこんばんはバナナマン設楽統です」
ひ「こんばんは!バナナマン日村勇紀でーす!」
し「日村さん始まる直前になんかボリュームが
  どうたらとか言うから変なんなっちったじゃん」

ひ「なにがあ!」
し「つまみがなんかとか変な、だから俺、
  あ、ってなっちゃったもん」

ひ「それで は!え、あ!って?」
し「は!あ、!え!」
ひ「なるわけないでしょうよ」
し「なっちゃうんだって。そんな、の、
  決めつけたらだめだって」
 ちょっとたどたどしい。
ひ「俺のせいでなってたのあれ?」
し「そーだよ!今日はちゃんと言おうと思ってたのに!
  あの、"あれ、上のあれ、は!あ!は!"って」

↑表現しにくいですがオープニング直前の動揺を再現中
ひ「そんな動揺してないでしょうよ俺のボリュームでw」
し「なったよー。それ俺の動揺なんて
  日村さんには計り知れないでしょ」

ひ「そんな動揺する人じゃないでしょうよー。
  ほとんどの動揺をしない、
  ほとんどの動揺をしない人じゃないですかあなた」

し「動揺しない人間w」
ひ「動揺しない人間w」
し「ふw」
ひ「見た事無いよあなたが動揺してるところ」
し「してるよ一応」
ひ「ないよー」
し「あたふたって」
ひ「曙が目の前に来たときくらいだよちょっとあれ、
  あたふたしてたのはw」

し「w」
ひ「あとまじでコンビ組んで16年見た事ないよ俺!」
し「してるって一応。俺あたふたちっちぇー声で言ってるんだから」
ひ「え?言っちゃうのちっちゃい声であたふたって」
し「あたふた(エアーボイスw)」
ひ「ふふwあたふたあたふたって言わないでしょう」



以下とじ!最後にちょびっと本編まとめ!


し「いや~日村さーん」
ひ「しかし設楽さん!」
し「そうなんですよ」
ひ「いや何が?まだ何も言ってないよ」
し「ふふふw」
ひ「何が"そうなんですよー"なの?
  MR.BRAIN!」

し「そうなんです!」
ひ「打ち上げの方があったそうですよねー!」
し「あのー、昨日ありましてね」
ひ「ね」
し「えぇ凄かったですよ」
ひ「盛り上がりましたか、やっぱり」
し「盛り上がりましたよ」
ひ「えぇ」
し「あの~、まあね。こう、あぁいったドラマですから」
ひ「うん」
し「視聴率も良かったですしね」
ひ「そりゃそうでしょう」
し「あの~、そのまんまの勢いというかね」
ひ「お~」
し「えぇ、打ち上げも凄かったです」
ひ「うんうんうん」
し「で、あのドラマの打ち上げって僕はあの、
  流星の絆の時も、何かそん時仕事で。
  ちょろっと2次会にだけ、みたいな」

ひ「あ、1次会は出てないと、」
し「うん、そう。そうなんですけど」
ひ「うん」
し「あの、だから、初めてに近いよね、そういった意味では。
  バラエティとまたちょっと違うというか」

ひ「うんうん。
  凄いよね、なんかパーティー会場みたいなとこでとか。
  俺らのイメージとしては」

し「あぁ、最初は、もうホテルのでっかいとこで。
  もうすげー人数いるから。
  あれ、でも日村さんそういうの行った事?」

ひ「僕は暴れん坊ママっていうドラマやってたんですけど、
  打ち上げは一切行けなかったんです」

し「あぁ」
ひ「仕事で。だから、はい」
し「そういうのか」
ひ「はい」
し「俺もだから、バラエティなんかだったらさ、
  なんか居酒屋とかみたいなとこ行ってさ」

ひ「そうそうそう」
し「おっきいやつだったらなんか会場おさえてたりとか
  あんのかなあ...」

ひ「あぁ~」
し「んー、まあよくわかんねえけど、でもそんな感じでさ」
ひ「はい」
し「あの、結構スタッフの人が凄いいっぱいいんだけど」
ひ「うん」
し「普段はさ、そういう人たちは割と動きやすい格好してんじゃん
  サンダル、みたいなさ」

ひ「うんうん」
し「そういうのがさ、みんなびっしりスーツとか着てんの」
ひ「あ、スーツで来るんだ!」
し「あの、制作の方とかはね」
ひ「あ、じゃあほんとにもうパーティーみたいなんだね
  打ち上げっていうより」

し「そう、だからさー出演者の人も
  かなりお洒落してる人とかもいるし」

ひ「えー。全然違うはバラエティと」
し「そう。俺短パン.ビーサンで行っちゃった」
ひ「え、だめじゃん。
  あ、短パン.ビーサンでもいいんだ?」

し「あぁいう、なんも別に言われてないし
  ドレスコードとかあるわけじゃないんだけど
  でもみんな普通の格好の人もいっぱいたから大丈夫」

ひ「木村さんとかはやっぱり、ばっちり?」
し「いや、でもラフな格好だった。木村さんは。
  ジーンズとかTシャツ、みたいな」

ひ「ふ~ん」
し「で、やましげさんは蝶ネクタイしてた」
ひ「やましげさんは?w」
し「うん」
ひ「やましげさんはゲストで来たときに
  打ち上げで大失敗しないだろうかと、
  設楽統と一緒にやましげさんは言ってたよね。
  仲がいいから打ち上げでも2人で固まってしまって
  木村さんとかトータスさんとか水嶋ヒロさんとお話せずに
  終わるんじゃないかって、あのほら、あったでしょ?
  心配してたこと」

し「あ~」
ひ「あれは大丈夫?」
し「大丈夫でした」
ひ「お、大丈夫だ」
し「大丈夫だっ」
ひ「おぉ良かった!」
し「うん。てゆうかあのー、もうね、ぶっちゃけ今だから言うけどね、
  やましげさんの前ではあんま言わなかったけど
  僕やましげさんとは違うグループに属してたんで」

ひ「お、ちょっと待ってくださいよ」
し「わりぃけど」
ひ「このラジオ聴いてるかもしれませんからねー」
し「もうやましげさんにも今後会う事ないだろうから」
ひ「そんなに?そんなに?w
  電話番号とか交換してるでしょ?
  飯食いいこ、みたいな話もしてるでしょ?」

し「まあまあ社交辞令でね」
ひ「スーパー社交辞令じゃないすかw」
し「スーパー社交辞令で。スパ社の方だよねー」
ひ「スパ社のほうなの?w」
し「うんスパ社のほうでー」
ひ「そうゆうのスパ社っていうんだw」
し「うん。スーパー社交辞令のほうでー、
  スパ社のほうでは交換しましたけど」
スパ社ひどいw
ひ「うんw」
し「あの、うちのラジオをたまたまね、うちのラジオをやってる
  あの、スタッフの人が、やましげさんもラジオやってるんだけど」

ひ「はいなるほどね」
し「同じスタッフの方だったので、そこを通じてこういう話が
  やましげさんだけに一方的に伝わることになるのがねw」

ひ「んはははw」
し「だからまあ、あの、ちょっとね、今だから言うけど
  違うグループに属してたんだよねー..」

ひ「まあそのグループってのは」
し「うん」
ひ「よくほら、学校の教室でね、あるじゃないですか」
し「はいはい」
ひ「あの、グループとかあるでしょ?」
し「ええ」
ひ「どうゆうグループ分けになるんすか?」
し「だからまあ、所謂、木村さんを始めとするね、あの」
ひ「一軍ですか」
し「一軍ですよね」
ひ「一軍だね」
し「やましげさんは..属してない」
ひ「ははははは笑」
し「で、僕はまあ一軍てゆうね、
  自分でそういう言い方しないですけど、
  一軍の人たちともこう、話せるというかね」

ひ「はあはあ」
し「あの、なんていうのかな~
  可愛がってもらえる位置にいた、みたいな」

ひ「あ~。だから科警研でいうと木村さんとか、トータスさんとか」
し「はい、もう綾瀬はるかちゃんとか」
ひ「綾瀬はるかちゃんとか一軍っぽいですよねー」
し「まあたぶんそうですよね、日村さんが思ってる通りです」
ひ「はい。平泉さんとか」
し「まあ僕は二軍かもしれないですけど
  やましげさんは三軍とかですから。ひとり三軍」

かわいそうだやましげさん...w
ひ「三軍もあるんですかそこには」
し「うん、だから」
ひ「三軍があるんだ」
し「だからそういう、何だろ、
  打ち上げでやましげさんと俺がっていうのは無かった」

ひ「あ、なるほどね」
し「うん。あと、打ち上げだとやましげさんね色々ね、
  なんかね、あの~活躍してた」

ひ「打ち上げで?」
し「なんかこう、ビンゴ大会みたいな、要は」
ひ「あ~あるねー」
し「出演者がみんな、スタッフの人がね賞品持ってきて」
ひ「すごいね」
し「そうなのよー」
ひ「すごいんでしょそういうのって」
し「そうっ。はんぺんとかそういうんじゃないの」
ひ「はんぺんなんかバラエティでもねえよw
  はんぺんなんて。...はんぺんには悪ぃけどw」

し「へへwはんぺんに謝った人初めてw」
ひ「はんぺんには申し訳ないけどねw」
し「うん、はんぺん美味しいからね」
ひ「はんぺんすごく美味しいけどね」 はんぺんに優しい2人w
し「あのーそのMCを一緒にスタッフの人とやったり」
ひ「あぁ打ち上げの」
し「そうそう。だから俺は、俺そういうのやんなかったし」
ひ「うん」
し「うん、なんか活躍というより、大変..なんか色々やってた」
ひ「へ~。まあ噂は聞きましたけどね」
し「そう」
ひ「うん、あの、ガキの使いでも出させてもらった
  設楽統の手押し相撲」

し「あーそうそうそう」
ひ「あれをやったという噂を聞きましたけどね」
し「そうなんですよ。これはねもう、MR.BRAINの収録中からね」
ひ「うん」
し「もうこの、僕が手押し相撲が強いということを。
  広まっちゃいましてね」

ひ「ガキの使いでね」
し「うん。で、みんなねー、挑んでくるわけですよ」
ひ「木村さんとかがくるんでしょ?」
し「木村さんともやりましたよー」
ひ「おぉ~」
し「これがまあMR.BRAINの撮影中にも行われてたということで」
ひ「休憩時間とかにね」
し「二次会が」
ひ「うん」
し「一次会はそういうホテルとかで、あの、
  みんな挨拶とかしたりビンゴ的なのをやって」

ひ「うん」
し「んで二次会は場所移して」
ひ「んでメンバーがクッとなって」
し「そうそう。そいでー...でもう、すごいっ。
  すげーちゃんとしたとこなの」

ひ「あー二次会も」
し「やっぱね、一次会からそうなんだけど、VTRとか作ったりとか
  想い出VTRみたいな、もう結婚式とか披露宴みたいなの」

ひ「あ~なるほどおっ」
し「で二次会も結婚式でいうとこの二次会みたいな。
  ゲームとかしたり」

ひ「あー設楽さんが好きなパターンだねえ、ゲームってパターンは」
し「そうなの、そうなの」
ひ「うんうん」
し「あのーそれがそつなくちゃんと、なんていうの?
  こう、紙がちゃんと配られて」

ひ「うん」
し「で、例えばAチームですBチームですみたいなの分かれたりとか」
ひ「あぁもう楽しいパターンのやつねー」
し「そうそう。で、もうちゃんとBとか書いてあるわけ。席に。
  もう座ったとこがチームなわけ」

ひ「うんうん」
し「で、これからゲームを行います、と。
  で日村さんも。俺知らなかったけど」

ひ「あぁそうなんですよ、僕もね」
し「そうそう」
ひ「コメントをね、頼まれて」
し「うん、お弁当をー」
ひ「ん、お弁当じゃない、コメントね」
し「あぁあぁ」
ひ「なんでお弁当頼まれてんの」
し「w」
ひ「俺仕出しの人じゃないから」
し「ふふw」
ひ「wいや、その、だから何かクイズ大会をやるみたいなことを
  聞いてたから、問題をね」

し「そうそうそう」
ひ「なんかちょっとVTR でとってくださいみたいなので」
し「そうそうそう」
ひ「お題VTRみたいなのをとりましたよ」
し「でも俺言ったよそれで。ついに」
ひ「うん」
し「あの、監督さんにもプロデューサーの人にも言ったし、」
ひ「はいはい!」
し「あのー、日村が出たいと」
ひ「はあ!おぉ!」
し「ずーっと言ってました、と」
ひ「言ってくれたー?w」
し「はい。あんまりそういう機会が無かったからー」
ひ「そうだよね」
し「みんなの前でも言ったし、全員の前で」
ひ「ありがとうございます!」
し「日村さんがVTR出演したってことで言いやすかったから」
ひ「あーはい」
し「あのー、ほんと科警研の
  便所の掃除のおっさんでもいいから出たいと」

ひ「なんっでもいいです俺は!」
し「でもしね、」
ひ「はい」
し「仮に」
ひ「はい」
し「まあこの話はまだ全然ないんですけど、ほんとに」
ひ「まあもちろん何があるかは分からないですからね」
し「そ、続編なりね、あの、
  スペシャルとか映画とかわかんないですけど、今後もし
  何かMR.BRAINが続くようなことがあれば日村がぜひね」

ひ「はい」
し「どんな役でもいいから出たいと」
ひ「もちろんですよ」
し「言っておりますと」
ひ「はい」
し「で、日村さんはVTRの中でも提案してたあの、海老蔵さん」
ひ「はい!」
し「海老蔵さんがね、ちょっとMR.BRAIN見てた方は
  分かると思うんですけど、ちょっとねこの、」

ひ「なんかあるんですよね」
し「そうなんですよ。続いたかんじというかね、なんか
  悪者なのか良い奴なのかも」

ひ「わからないわけよー海老蔵さんは」 すげー嬉しそうw
し「すごく黒に近い灰色みたいな」
ひ「灰色で終わったわけよほんとに」
し「そう、で、このー、日村さんはその海老蔵さんの問題について
  このVの中で、もしね、続編なりそういうのがあるとすれば、と」

ひ「うん、どうですか、と」
し「私、ひむ蔵が」
ひ「うん」
し「海老蔵の黒幕というかたちで出るのは。と」
ひ「うんまあまあそりゃ半分冗談、
  まあ半分というか全部冗談で言ってますよほんと」

し「うん」
ひ「ね?」
し「はい、聞いてましたよ監督さんはじめみなさん」
ひ「まじでまじで!?」
し「あのー」
ひ「なになに?」
し「それはないと」
ひ「ないんかいっ」
し「そりゃーないでしょ」
ひ「ないんかいっまあないでしょうけど」
し「だって海老蔵さんは海老蔵で出てないし」
ひ「そうだね、ひむ蔵って急に現れても意味わかんないね」
し「そう、だからそりゃないって言ってた」
ひ「はい」
し「でも言っときました」
ひ「ありがとうございます」
し「うんっ。でもね、そのパーティーとかも凄いこうそつなくやる」
ひ「うん、ちゃんとチーム分けになってると、ABCと」
し「うん、でそのゲームの中の1個で手押し相撲を
  チーム対抗戦でやった」

ひ「これはもう、要は設楽統を倒せみたいなのりでしょもう」
し「まあね僕が強いのはみんな分かってますから」
ひ「そりゃだってほんとそうだよ。曙に負けた以外は
  ほんとにみんな勝っちゃってるんだから」

し「そうですねー」
ひ「うん」
し「ええ。圧勝でした」
ひ「あ、やっぱり?」
し「あの~、申し訳ないけど。木村さん、トータスさん、香川さん、
  ってゆう4チームの代表が出てきたんです」

ひ「あ~男4人が揃って」
し「そう、それでやったんですけど
  確かに木村さんは強いんです。その、撮影中もやったんだけど」

ひ「木村さんからだ締まってるし強いでしょ」
し「あのボディーバランスがいいんでしょうね~
  サーフィンとかもやってるから」

ひ「サーフィンやってるしねー」
し「だけど、勝ちましたねー」
ひ「トータスさんだってステージング」
し「トータスさんはね、申し訳ねえけど、
  ものすげーよわいです」

ひ「はは笑」
し「あの~これをねーでも、ずっと二次会でも
  俺がなんでだよーみたいなのをずっと言われてたんだけどねー」

ひ「トータスさんは強そうなイメージあるけどねー」
し「あのー要領をまだこう、分かってないから」
ひ「あー」
し「だからたぶんまだ弱いんじゃないかなー
  もうちょっとこう、えぇ」

ひ「なるほどー」
し「香川さん強くってね」
ひ「あ、そうなの」
し「えぇ、でも僕が3人に勝ちましたけど」
ひ「へ~じゃあやっぱ優勝設楽統みたいなかんじで?」
し「まあそれはそれだけの大会じゃなかったんで
  全体の中のチームのやつだったから」

ひ「ほー」
し「でもね、ほんとにこう、なんていうのかな、楽しかった。
  それであのさ、テンションあがってね、あの、
  木村さんとトータスさんがちょっと歌い出したりとか」

ひ「うん、なんかそれ..ほんとに!? それ」
し「ものすごい豪華贅沢」
ひ「え、なに?」
し「あのーあれ、あれ歌ってましたよ」
ひ「ウルフルズ系の?」
し「ウルフルズ系も歌いましたし、あの、木村さんの」
ひ「SMAPも!?」
し「はい。もうね、生ギター生声で」
ひ「うん」
し「すごいですよ」
ひ「う~わ~歌っちゃうんだ」
し「歌っちゃってたよ」
ひ「いやー!それは最高だね!」
し「そう、最高ですよ」
ひ「あ~」
し「これはもう...参った」
ひ「うんいいね~」
し「うん、すごい」
ひ「うーん」
し「あとほんとにもう、スタッフの方とかも凄い過密スケジュールで
  出演者の人もそうですけど、凄いハードだったみたいで」

ひ「うん」
し「でもこう、一丸となってね、なんかこう、
  打ち上げてのが楽しくて。
  で、俺ライブの稽古あるから三次会行けなかったんで」

ひ「あ、三次会もまだあったの」
し「うんもう朝までやってたと思う」
ひ「やるでしょう」
し「ね」
ひ「そりゃやるでしょう」
し「うん、あれを気にしたのよちょっと」
ひ「なにを?」
し「そうそう、よくさ、打ち上げ行くととられんじゃん」
ひ「あーあるよねー打ち上げ行きました、みたいなのね」
し「でも俺そういうの体験したことないしさあ
  カメラどこにいんのかなって思って」

ひ「絶対いますよ」
し「すっげー見てたわけ」
ひ「うん」
し「でも全っ然わかんないよね」
ひ「うんわかんない」
し「あれとってんのかな?」
ひ「絶対とってる。で二次会とかより三次会とか
  絶対とってるって」

し「ほんと」
ひ「だってあぁいうのって、俺基本好きだから」
し「うん」
ひ「見ちゃうけど」
し「うん」
ひ「誰々が打ち上げで、で、誰々の横にはあの人の姿が、みたいな」
し「ああ~」
ひ「別に事件があるわけでもないのにっていう記事があるから」
し「あ~うんうん」
ひ「三次会ですあぁいうのは」
し「とるのは」
ひ「はい。たぶん三次会です」
し「はーなるほどね。いや~でも、楽しかったなあ」
ひ「はーい、いいね、スターが揃って」
し「うん」
ひ「そこまでやるってのは。MR.BRAIN。最高だったね
  なんか僕も最後VTRでなんかね、いちおうね
  ちょっとこうメンバーになったっていう」

し「うん」
ひ「あれがあるんですよ」
し「まああの、そのねちょっと日村さんドラマに出たいだなんだね」
ひ「はい」
し「あの、言ってましたけど」
ひ「はい」
し「やっぱり日村さんはドラマに、
  MR.BRAINに出れなかったじゃないですか」

ひ「うん、まあまあそりゃねしょうがないじゃないですか」
し「ていうかこれも偏にねやっぱこう日村さん
  言ってたけども、その、日村さんの言葉が響かないっていうのに
  原因があんじゃないかなって」

ひ「ふふ笑 そんなことないでしょ!
  俺の言葉が響かないからMR.BRAIN出れないんじゃないでしょ?w」

し「いやいややっぱ響く響かないはそうゆうことだから。
  言葉のパワーね、言霊ね」

ひ「いや先週も言ってたよ、そりゃあね、
  確かに俺の言葉響かないみたいなこと」

し「それはねーPodcastを聴いてくれたかたにはー」
ひ「あそっか、Podcastか」
し「あのねーなんというかー、日村さんの、あのー、38年?」
ひ「7です」
し「8年?」
ひ「7です!なんで常に俺の一個上にいるの?w
  俺が25の時も26とか言ってたし」

し「笑」
ひ「常に俺の一個上か、あと42ね」
し「あぁ、そっか。間違えちった」
ひ「うん」
し「その日村さんがね、言った中で
  やっぱ人生の経験値というかね」

ひ「はい」
し「あるから、後輩とかには思ったこと言ったりしてると思うよ?」
ひ「はい」
し「ってところから始まって」
ひ「はい」
し「ただ日村さんの言葉は意外と響いてなかったね、
  永井とかに聞いたら」

ひ「先週のPodcastでも分かったわけですから」
し「心に残らないと、ゆうねあの、話が出ましたよ」
ひ「はい出ました。確かに出ました」
し「うん」

先週のPodcastでは「日村さんの言葉がことごとく心に残らない」、
という話をひたすらしていました。

ひ「だからMR.BRAIN出れないっていうのはそれはちょっと
  それは直結しないと思うんだよね俺は」

し「まあね、でも響く響かないって話を大きく、
  大きなジャンルで言ったらね、まあ、
  そうゆうことなんじゃ、ないかってゆう」

ひ「うんうんうん」
し「で、まず、今回ね?まあなんというかね
  日村さんの、まあ周りにいるスタッフ関係の人とか
  身近にいる人たちにちょっと調査してみました」

ひ「調査?」
し「調査。日村さんに言われた事で、なんかこう、
  覚えていること、心に残ってる事ってありますかと」

ひ「おぉwそれを調査してくれたんですか」
し「これはね、だから一回ここでお知らせ挟んだ後に」
ひ「はい」
し「あの、覚えて...言ってると思うでしょ?たぶん。
  だってそんだけ言ってたもんね、先週」

ひ「んーなんかは言ってると思うんですけど」
し「俺は割といいことを言ってるんだって」
ひ「はい、はい」
し「ね。思ってることを伝えてるから、それは俺の方が
  人生経験豊富だし、いいと思うよって」

ひ「はい。37まで生きてきて何らかは発してますよ」
し「ありますもんね?みんな心に残ってること」
ひ「名言というか、ありますよね」
し「それが日村さんクラスになればという、」
ひ「んま~、日村さんクラスて、自分で言うのもあれだけど、
  多少はありますよ」

し「うん、だからそれを聞いてみてるから。あるんだよね?」
ひ「はい」
し「それをちょっと発表してみようと思います」
ひ「お願いします」
し「うん」
ひ「ありがとうございます」
し「期待してますよ」
ひ「はいっじゃあ、」
し「今日も、12時間!ぶっ通しで!」
ひ「いや、1時間ですから」
し「あれ?」
ひ「1時間w」
し「あ、今日1時間なの?」
ひ「そんなに俺らに時間さいてくれませんから」
し「あ、そうなの」
ひ「そこまではくれませんから。1時間で十分です」
し「あ、そっか、じゃあ1時間、最後までおつきあいください」
ひ「おねがいしますー!」
し「はい!」

  



本編。

日村さんの周りの人に聞いた「心に残った日村さんの言葉」。
全く良い例は出ずw

例えば、
芸人さんではない普通のバイトの子にもちょっと普通に腹立つような
えらそうなことを言ってたり、
(これは普通に謝ってましたw)

「なんでいわねえんだよ」っていうバナナマンのネタを初めてやったとき
日村さんは「俺このネタの面白さ全然わかんねえ」って言ってたw
設楽さん本人も覚えているとか。
.....なんてこった!このネタ超おもろいぞ!
日村さんはこのネタの台詞が覚えられなくてイライラして言ったとか。


もう、急に熱い気持ちを言うくせに
(例:バナナマン組んだ日の夜のこと、一度消した電気を点けて、
「俺たち、これから凄いことになるぜ!」って言ったとか)
ちょいちょい嫌なやつになるなあ笑

ほんとネタの宝庫ですな日村さん。
心優しいのか、意地汚いのかw

あまりに悪いなあって時は設楽さんが
「その考えはあんまり良くないよ日村さん」って言うらしい。
どっちが年上なんだw


以上っ

【2009/07/29 03:30】 感想レポ(ラジオ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<KOC:転球劇場 | ホーム | バナナマンのブログ刑事>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/375-0733cd99
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。