広告
P-N-tive 歩.語.想 蛮幽鬼つらつら
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
蛮幽鬼つらつら
あぁ楽しかった。

こんなでっかい劇団の大千秋楽というものを観たのが
初めてだったからか、
「もうここで動く土門やサジたちをみることは出来ないんだ」
っていう思いがこみ上げて、寂しくてたまらなかった。

勝手に燃え尽き症候群。


みなさん本当にお疲れさまでした!



では以下閉じ、
まとまらない時恒例箇条書き感想。


*サジ、浮名、刀衣ひいき甚だしいです
*情緒不安定
*漠然とした感想
*結果メモ的な感想
*なげぇ





・オープニング、曲をバックに
「蛮勇記→蛮憂記」と文字が変わるとこ。
あれかっこよし!!淡い色だったのが
赤背景の力強い白文字でドカンと出るのがかっこよし!!


・星降りの空を見上げて4人と先生が話すとこ、
浮名の「おーふるふる!」の言い方がすき


・空を見上げてみことを想う土門、
2人の愛を確認出来る素敵なシーンだと思います


・あのわざとらしい浮名と空麿。
とくに「手紙を書くと言っていました!」とか言って
おおげさにわたわたする2人。
ふざけるな!土門は無実だ!と思うけど
やっぱり何度みても話は平和にはいかない(そらそうだ)


・縛られた土門が暴れた時におさえる浮名がかっこいい。
顔がっつり蹴っとるけども、むかつくけども、かっこいい。


・監獄島で復讐を誓う土門。
迫力に驚いた。
上川さんすごい。圧倒されました。


・揺れる「蛮幽鬼」の文字。
上川さんの迫力の力も大いに加わり
ものそいかっこよし!!
あれどうやってるんだろう。
照明と煙だけであんなにできるのか。気になる。


・目をえぐる土門の映像と教典を受け取る2人の映像。
天と地獄。土門の瞳に寄るところで私は毎回、眉間に皺がよる。
なんか、なんか、もやーーーーってして
「なんでだ!おかしいよこんなの!」ってなるんです。


・船着き場。
「楽しみですな!」って手を腰にやる蔵人がかわいらしい。
待ってた側の嬉しい気持ちが伝わる。


・やたらと美古都に近い浮名。
いや、女好きなのはわかってるけども近い近い触る触る笑
そして手にちゅーした!←!!
ちゃらい。浮名ちゃらい。
土門のことを話す時も"ざまあみろ土門、俺のもんだ"感がすごい。


・監獄島。
パチンコで攻撃する看守、とてもいいと思います。
めちゃくちゃ良い動きでおもしろかったw


・わざと狂った演技をする土門。
上川さんすごい。ほんとに不気味でこれも驚いた。幅広い。
ぞくぞくっとした。


・「だまされた!」と怒りと絶望に満ちた土門に対する、
サジの軽いトーンの声が印象的。


・全然関係ないけどサジと(ってゆうか堺雅人さんと)、
烈火の炎の雷覇って似てませんか。


・サジが仮面(?)を取った時の高笑いが忘れられない。


・サジの最初の殺陣。
殺し方を見せるシーン。かっこいい!
笑みを浮かべて簡単に殺すから、
ぽかーんてしちゃう。(演出が)すごすぎて。


・ペナンと会う。
土門にちゅーしようとしてどさくさに紛れて
「減るもんじゃないし」と言うペナンw


・姫なんだ!シャキーン!のゆるゆる具合、すきです。


・宮中。
さ、早乙女さん…!
美しすぎますゆえこちらサイドは心が打たれております。


・「(腹)立つけどな!!我慢してんだよ、大人だから~っ」
いきなりのじゅんさんらしさで楽しい!


・じじい(空麿の父)いらんこと言うなまじで!と
心から思うくらい空気の読めない父を
まあまあ優しくあしらう空麿に
「優しいとこあんじゃん、
 宮中に入れてやるなんて父親思いじゃん」とか思う。


・浮名さま~。
ちゃ、ちゃらい!ナイスキャラクターナイス弁髪!
このへんからやんちゃタイム。


・塩をまいて塩を舐めて相撲取りの動きをするじゅんさん、
動きだけでおもしろすぎて見逃せない。


・「なんぼの!」「もーんじゃーい!」
千秋楽でも「ほんとに最後ですよ!」って盛り上がりました。
茶屋町がひとつになりますぞ!
"意味なんてない"楽しさ万歳\(^o^)/


・コールアンドレスポンス。
きちんと腕を振り上げてきちんとおじぎをする空麿と
ふわっと腕をあげてふわっと立ったままの浮名。


・「われーーー!!」
登場シーンとその後の行動には色々びっくりしたけど
鹿女は最後までいいキャラで最期まで素敵でした。
あ、話がとんだ。楽しいシーンなのに悲しくなってしまった。


・ぴんぽんの効果音がまさかで笑いました


・浮名と道活の「衛兵衛兵」の言い方、
ちょっと違うけどどっちもなんかすき。
浮名は「えいへいえいへい!」道活は「えーへいえーへい!」

・「お前はほんとにその芸風でいいのか」
「そうか、君に幸あれ」
「衛兵衛兵、彼女を現住所の吹田へ」www


・お金が欲しいからと言って豪族の娘を息子に。
ひどいな道活w
「若い時に苦労しておけ、必ず後悔するから」←


・酔ってしゃべる空麿に
「やめろ空麿」って言う浮名の声が良い


・ささった短剣はどうやって演出してるんだろか。


・「俺が吟味してやる。たっぷりとな」、声が良い。


・んで私が心を奪われたのはここ。
刀衣登場。ひとことめの声の良さでずきゅん、
殺陣の華麗さにずきゅんずきゅん。
思ってた以上に刀衣にやられました。


・ここでは惜春は良い奴と思ってたのにくそー...


・「愛す愛でる愛おしむ」
調部がいたらこんな平和な国ができていたのだろうか。


・覆面浮名。
「どけーい!」子供かw良いw
めちゃめちゃためが長いwww
このへたれ浮名がうむ間がたまらん!
いじいじしとる時のサジの満面の笑みもたまらん!


・ここからの適当かつ全力で愛想をふりまく
土門、いや、飛頭蛮とサジがおもしろい
「っかりやしたー」とか「しょうちしてほひはふ...」
んで調子に乗る浮名も。


・大王...!!w
いいきゃらですね、大王。
あのやりとりもおもしろくて大好き!


・そりゃまさかの妃だもんな動揺もするよな


・簡単には殺さない。どん底までたたきおとす。
民に優しい笑顔を見せても心に煮えたぎる恨みは
減るどころか勢いをましている。
こわい、やめてほしい、でもつらい、でも。
国の平和だけを考えられるのならどれだけ幸せか。


・「友情に誓って」
ペナンは土門の心の動きに敏感。
たぶんサジのことを良い奴だとは思ってなかった、
どこか危険だと分かってたと思う。
でも土門の復讐に協力をする。ペナンの健気さ。
自分ではない、美古都のことを想っている土門に
心から協力してるんだもんな、こっちもなんだかつらい。


・美古都の気持ちを知っている蔵人。
めちゃくちゃ感情移入した意見を述べると、
「蔵人いて良かったよ、美古都、
 うんほんとよかったよ、蔵人に感謝しなよ」


・刀衣の過去がわかる。
いくら暗殺者集団で育っても人の優しさや愛に触れれば
変わるんだそうだ変わるんだよサジ!!(熱)


・大王とサジ
殺す時ほんとに厳しい顔をしないのね。
ちょっと明るい台詞とかあったけど、大王が死ぬの
かなしかったよ、だって幸せそうな人だったもん。


・サジと刀衣、土門
2人の関係がわかる。
違う意味で過去を捨てた2人。あーもう辛い。
そして殺陣がかっこいい!

・あの幻覚剤で消えるとこどうやってんのか
おしえてくださいきになります
セット、演出気になりすぎる!


・初めて土門に過去を話すサジ。
サジも裏切られた過去があるのか。
なんか2人の距離が縮まったと思ったりしたのに
気のせいなのか!?もうー。



・大王お葬式。
惜春がだんだん悪い奴に見えてくる。
美古都きれい。


・土門は「権力に目がくらんだか!」って言ってたけど
やっぱそうなるの?もう恨むことにしか直結しないの?
にやっとするサジ。
そしてサジの計画通りに進んでることにどきどきしてくる。


・協議問答。
やっぱり鹿女はおちゃめ。「旦那様~!」憎めないキャラ。
鹿女が持ってる、フリフリのついたうちわに
浮名の顔があることがものすごく不自然でおもしい。


・うまいこと事実を告げた飛頭蛮。
巻物(?)をぶんぶんするとこが効果音も相まってかっこよし!!


・いけないことだけど、なんか、なんか道活の言った
「この国にはこの国の宗教があるじゃないか!」みたいな言葉、
それもそうだな、と思った。
もしそれが国と民の為にある内容だったら
すごく意味のある言葉になったのに。


・連れて行かれる道活浮名空麿。
打ち首と聞いて「えー...」にうけるw


・でた鹿女。ほんとにこのシーンではうるうるしてしまう。
「旦那様のいないこの世に未練などないわ!」
女としてほんとにかっこいい、かっこいい。
すごいつらくなる、このシーン。
でも印象的ですきなシーンでもある。
故に斬った上にそれを美古都のせいにする惜春に
めちゃくちゃいらいらする。(MAX感情移入)


・想っていた人目の前にして心が揺れる2人。
動揺していらつく土門と、自分を責める美古都。
目の前にいるのに。
どちらも気持ちを出してはいけないなんて。


・美古都のために土門を斬ろうという刀衣。
うーんかっこいいかっこいい。


・縛られて連れて行かれる3人。ここのじゅんさんおもろい。
千秋楽は「お前らの声をきかせてくれ!すきな芸能人」
といって「泉ピン子」と答える衛兵w


・縄を解かれて走ってくるときに「ピン子っピン子っ」
って言いながら来る道活wあそんでいるw


・自分が土門だと告げるところ。
もう空麿...ばかやろう...
権力と親子愛が出るシーンだったと思う。
でも土門はひとつも斬ってない。
お互いを斬って自滅しだしたこで
「え?え?待って待って!うそ、土門の恨みは?」
ってまさかの展開にやりきれない気持ちになった。


・空麿の父親が死ぬとこ、
あれもどうやってやってんのか気になる。


・ガランロクちゃんペナンを振り払って
まだ調部の仇をとってないと言う土門。
自分の恨みには関係ないのに土門を慕って協力していた
3人までも殺されてしまった。
もう土門から何もとらないでって悲しくなる。


・丹色。惜春の真意を知ってるのかどうかはわからない。
けど丹色は惜春を信じてるんだよなあ。切ない。


・惜春の部屋。
心の内を見せずに笑って会話をする2人。
方法は違っても人を殺す2人。こわい。


・やっぱり「もういらない!」がインパクトある。


・美古都の前に現れる土門。
やっとお互いの疑いがはれた、だから、
嬉しいはずなのに、はれたからと言って今更なんにもならない。


・毒を塗ってやがった惜春。あのやろう!
蔵人も刀衣もショックだろうに


・笑いながら来るサジ。こわい。
「聞かなかったから!」笑わないでサジー!


・ここからクライマックスまでの殺陣がほんとかっこいい。
やっぱり刀衣の殺陣はきれが違う。


・なんどでも言う!刀衣の声がかっこいい!


・斬られた刀衣が言う、
「人守る気持ち」の台詞、
どんな過去があろうとそんな気持ちを持てた刀衣と
持てなかったサジを比べてしまう。。


・監獄島にとらわれたままなんだ。
もう解き放ってあげてって心から思った。






な、ながい、なんて中身のない内容なんだ。
見た人が当たり前のように思うことばっか。
でもおもったことがいっぱいありすぎてつらつら書かないと
消化できなかったんだそうだそうだ。


まんぞく!

【2009/11/27 13:12】 感想レポ(行ったの) | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<映像(ちょっと追記) | ホーム | 蛮幽鬼 感想>>
comments
--いろいろ思い出したー--
私は、場面を思い出して書いてたら
そこから考察に突入してしまって
思考がそっちにながれちゃったので
細かいところ、いろいろ思い出せてありがたいですわー箇条書き!

>揺れる「蛮幽鬼」の文字。

あれ、スクリーン降りてきてるよ~。
薄い白いスクリーンがあって、煙があっての光だから
文字の部分はスクリーンに当たってる。

>やっぱり「もういらない!」がインパクトある。

これね、東京だと、もっと静かだった。
文字で表現するのは難しいけど、こんなカンジ。
大阪「おまえは、もう、いらないっ!」
東京「おまえは、もう、いらない・・・」

東京Verのサジのほうが、私は好きだなぁー、やっぱり。
【2009/11/27 16:01】 URL | ふじこ #pJwfKlE.[ 編集] |
--→ふじこさん--
ワンシーンずつ思い出して、やりきれない思いに浸っています笑

あの揺れる文字、スクリーンと光と煙だけで
あんなにはっきり文字が見えるのかなあって思ってたんです。
ただの白地に黒文字で、煙がもくもくしても
あんなにくっきり文字がみえるもんなのかなあ~って。
布が特別だとか、照明が特別だったりするのかなって考えてました^o^
新感線の演出は気になって仕方ないんですよねーーー!


ふじこさんのレポ読みました!さすがですーー!
納得祭り。解釈がすごいわかりやすかったです。

サジはほんとにかわってるんですね...
私は大阪のイメージしかないから高笑いするイメージだけど、
東京の静かなサジもみてみたいです。
DVDはどっちなんだろうか(もうDVDの話)。

【2009/11/27 21:08】 URL | Mcca #-[ 編集] |
--おまいーーー--
こ、こんな書き方されたら
なんか見たくて見たくてたまらなくなってしまうぢゃないかっ!!
と、急にタメ口 観世ですこんばんわ。
ごぶさたです。
Mccaちゃんの舞台レポ楽しみにしてたのに、
えっらい欲求不満に陥っています。
どうしてくれるんだ!(笑)

ゲキシネに! ゲキシネにならんのかぁぁぁ~! 
なってくれーー!

上の記事、映像の上田さんについてのお話も興味深く読みました。
私もこれから注意してチェックしてみよう。
最近の舞台は映像かっこいいの多いですもんね♪
【2009/12/01 00:15】 URL | 観世 #-[ 編集] |
--→観世さん--
いえいえ、ため口でかかってきてください!(ちょっと表現がおかしい)

もうまとまんなくて箇条書きです笑
みてたらすぐ感情移入してしまうので。

好き!って思った舞台は良いシーンがいっぱいあって
全部細かくかきたいのに上手く書けないし、
役者さんのこともいっぱい書きたいのに書けないし、
結局箇条書き、というあれです(どれ)

ゲキシネ絶対みにいきますよー!
でもまずは蜉蝣峠のゲキシネですね^^
堤さんの和服再び!!!!!

上田さんの映像は、特に印獣と神様がおすすめです。
かっこいい曲とのコラボがまたかっこいいんですよ~
DVDとかTV放送とかでまたみてみてください!

【2009/12/01 01:18】 URL | Mcca #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/495-3ec73495
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。