広告
P-N-tive 歩.語.想 行ってきましたpart.1
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
行ってきましたpart.1
エレ片コントライブ コントの人√2。

尼崎公演行ってきた。
無事家に着いた。
もうわけがわかんなくて駅から走った。にやにやしながら←




今回は私にとって初めての劇場&コントライブ。
不安ばっかでせっかくの握手会もあきらめようと思っていたところ...


素敵人気サイト主様のプー子さんが!ご一緒してくださいました!
可愛くて、面白くて、初めてお会いしたのに安心感がすごかったです。
もうお母さんです、私の。
ほんとに、ほんとに、ありがとうございました!!
楽しかったです!!






で、興奮がおさまらないので、

この特に特徴の無いサイトを見てくださってる方がそんなにいるとは思いませんが(卑屈)、

まずはネタバレ無しの個人的な感想をつらつら書かせていただきます!
(いや、ネタバレありのpart.2を書いても、記憶力が乏しいため詳しくは書けないですが。汗)


手の震えがなおらないため、誤字脱字が多くなる可能性がありますが、
そこはスルーをお願いします。



とじま~す
広島弁でいきます。

「ぶちおもろかった!!(すげぇたのしかった!)」


あ~もう3人ともかわいかったです。
いい意味で気持ち悪い場面もありましたが笑



ネタバレなしなので、握手会の感想です。
握手会もネタバレだ!という方は、ここでストップです。









開演前にSとXSしか残っていないパーカー(グレーとブラック有)を買い
、私とプー子さんは握手する権利をしっかり手にいれました。

そして、公演が終わってから、握手会の列に並ぶ前にDVDの予約をするために物販場所に並んでいたんです。


っそしたら!!!




物販の奥からやっつんが!!

んもぅ、ものすごくびっくりしました!
すでに列の、前から2番目のとこまで来てたので、私たちの目の前をす~って通ったんです。
もうなにがなんだか。



で、そこで頭はすばやく回転しました。
「やっつんが出てくるということは...!!!」




そういうことなんですよね~
...スタッフさんらしき方が何人か出てこられたあと!



今立さん!仁さん!!!!





ち、近い。

手ぇ振ってて、すごい可愛かったです、仁さん。
近くにいることにびっくりしすぎて自然に情けない声が出てました(笑
こんなとこで自分の意志に関係なく運を使ってしまった!





そんなこともありつつ無事予約して、2階まで続く長い列に並びました。
ほんまに握手をすることが信じられないので、プー子さんと
「どうする、どうする?」
「何言います?」
「何か渡す?」
「口が乾く!笑」
とか、ずっとそわそわそわそわしてました笑


んでやっと自分の番。







.....言葉のキャッチボール!地ボール!をした!
目を見て話してくれた!わ~!!!

もう、ほんまに、信じられないです。

「あ、仁さんてほんとに存在するんだ」
って思いました(今更)


今立さんはひとりひとりと結構しゃべってて、いい人だなあと思いました!
仁さんはひたすら素敵です。そしてでかい。
やついさんは上海に行こうと必死で色んな方に言ってました。(笑
集まったのかな?



サインを書いてもらえるので、机をはさんでの握手会でしたが、
仁さんにハグをしてもらってた方結構いました。すごい。

私には無理です。目の前に立っただけでいっぱいいっぱいでした。
もう顔が筋肉痛になりそうです。


そして、
プー子さん。
ナイスファイトです!!笑
お母さんはがんばってたよ!wG͂Ă

ナイス、ナイスバッティング。
私もすごく嬉しいです!^^




あぁ楽しかった。
ネタバレ内容はまた後日になると思います。
しかもすごく薄い内容で笑
だって握手で頭が一回リセットされてしまったから笑



私の初めてのコントライブ、大満足におわりました!


(最後まで読んでくださった方、ありがとうございます^^)
【2009/02/08 23:15】 感想レポ(行ったの) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<行ってきましたpart.2 | ホーム | 広島プレ結果>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://698755.blog57.fc2.com/tb.php/92-47afb6bd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。